nenga
サイト利用説明
算命学へ
算命すごろく
2012年3月13日掲載分
2012年10月23日掲載分
2013年1月01日掲載分
2013年7月07日掲載分
2014年1月01日掲載分
2015年1月01日掲載分
2016年1月01日掲載分
2016年8月09日掲載分
2017年2月02日掲載分
2017年2月02日掲載分
2018年1月10日掲載分
2018年3月31日掲載分)
2018年7月07日掲載分<
鬼谷算命学

 
鬼谷算命学サイトへようこそ
サイトご利用ありがとうございます。2008年8月20日縁あってオープンしました。当初は長く続くことがないと思っていましたが、皆様の利用がずーとあるので驚いています。 算命学との出会いは極地旅行会社の友人のセミナーで算命学の日に呼ばれて、そのまま、先生と数名のメンバーとで講習会に参加することになったのが切っ掛けです。 その年は私の天中殺のときでした。その年前後には今までにない新しい出会いがあって、今考えるとそのようのことが起こる年でもあったかもしれません。
先生の言葉によりますと、
私が故高尾義政先生(算命学第十三代宗家)から指導をうけて勉強をして参りました「算命占星術(さんめいせんせいじゅつ)」は数ある占いのなかでも、最も神秘的でありながら最も合理的な中国の「占星術」なのです。 「算命術」と云うのは「算命学」をもとにした「算命占星術」のことです。(・・・・途中略) 「算命術」では、本人だけではなく、三代前までの先祖・三代のちの子孫まで、計七代にわたる運勢 が判る占術なのです。つまり、一族の流れを占う術と申せましょう。
以上(先生の言葉より)
さて、算命学そのもの説明は、別途サイト内に譲りますが、私は算命学が人生哲学のように思っています。 世の中には不条理(自分の努力と違う)なことがいっぱいあります。算命学を学んで、そのようなことに負けず、自分を克己し、しかも人を傷つけず、手を差し伸べていければいいかなと思っています。(私は出来ていませんが) 今後もよろしくお願いします。 ご不明な点などありましたら、yas@webtop.co.jp までお願いします。
特別な謝辞 私の師である松本先生から頂いた資料をすべて使わせていただいています。

                                                                            サイト責任者

特別掲載



 【 龍ちゃんの思いつくまま・ひとり言 (12) 】 
                                                                        

『算命学・易学 天龍 ゆき』

己 亥(平成31年)

天龍先生の動画解説「今年の占い」


 

(土性)
(水性)

 

  平成31年は『己亥』・・・「無路」 道が無い・・・この事から前進するのに
  困難をきたす(場合によっては困難を極める)
    己 → 陰の土性は湿潤、寒に入り凍土。冬土は収蔵の時(養分を貯める)
      亥 → 核・つまり種 春に表(土から芽を出す)に出る準備をしてる作物の種と見るとも言える。亥の蔵干には、「甲・壬」が入ってます。春までに立派な作物になる為に養分を蓄えた土の中で、じっくりと待ちます。

しかし、「己亥」は「天報星」=「胎児」なので表に出られるかどうか判らない・・・と言う側面も有ります。(作物が実らない、つまり不作の場所も出て来ます)「無路」と言われるように、現在の世界情勢は不安定要素が多々有り、「己亥」年は困難を極めることも。
また、昨年の「戊戌」今年の「己亥」来年の「庚子」の3年間は「異常干支」が続きます。つまり、異常な事が起こり易いのです。(地域格差が出ます)地震や異常気象による台風(最近は大型化し、それに伴う大雨・洪水等)「」は深い底が見えない程の水(闇) 本体は中々わからない、不気味さも感じます。

過去の近い「亥年」をみると、平成19年「丁亥」(異常干支→天報星)
 新潟中越沖地震7月「丁未」(震度6強)年と月が「大半会」(異常拡大)
 この年は3月(能登半島地震・震度6強)も有り、地震が多かった。
 海外でも、9月スマトラ島南での地震、11月バングラデシュの大きなサイクロン(死者3,500余名)
平成7年「乙亥」(異常干支→天極星)1月(甲戌年・・・異常干支)
 阪神大震災M6.9(死者6,000人以上)
 3月地下鉄サリン事件(現在でも後遺症に苦しんでいる方、気の毒です)

このように、『』は十二支最後だけに、何か深い闇の部分が有る感じ・・・に思えてならない。
 (参考までに、六十干支の中の『』は60番「癸亥」以外は、すべて異常干支です)
 ※古には、中国→辛亥革命(しんがい革命)1911(辛亥年)~1912清(中国)で発生した共和革命、
 この結果、アジアで史上初の共和制国家である中華民国が誕生す。

「易」(冬至占)で今年の日本はどんな方向(外交・経済・一般等)へ?とみましたら『水山蹇』(すいざんけん)の『上六』でした。
水山蹇」は西南によろし。東北によろしからず。大人(貴人・賢人)を見るによろし。貞吉。『蹇』は難儀のある時・危険が目の前に潜んでいる、だから用心してよく周りを見て危険なら止まる注意が必要。
 「上六」往けば蹇み(なやみ)、来ればおおいなり(志、内にあり)→辛酸労苦の多い時。

一難去って又一難。  方向的に、西南が良く東北が良くない・・・と言っているので、苦労多くても、外交問題等は インドネシアやフィリピン等、西南にある諸国に目を向け(協力体制で)、中国の海洋進出を何とか食い止める策を講じては?と考えます。
  東北(ニューヨーク・ロサンゼルス・カナダ等)は良くない・・・。
  アメリカからの貿易関税問題(特に自動車・農産物)も圧力が強くなる懸念。
いずれにしても、危険の孕んだ年だけに、他国との関係・経済等は慎重に歩んだ方が良い。
  (賢人の智惠も参考に)米国と北朝鮮の2回目の会談、2月にベトナムで開催か?等との噂も聞こえ
  てきます。


金正恩 1984.1.8 トランプ 1946.6.14 習 近平 1953.6.15 プーチン 1952.10.7 安倍晋三 1954.9.21
辛乙癸
丑丑亥
己甲丙
未午戌
丁戊癸
酉午巳

丙己壬
戌酉辰

庚癸甲
辰酉午

1歳運
(生日中殺)

8歳運
(生日中殺)

3歳運
(生年中殺)

1歳運

6歳運
(生月中殺)
(生日中殺)

 


上の各国のトップ5名の「己亥」の運勢はどうでしょう?

生日中殺・・・西側(結果が実を結びにくい・家族との齟齬生じやすい)
生月中殺・・・他の人(宿命中殺の無い人)と違う世界観。良く出れば(陽占の星にもよる)
              他の人の考えない事で成功。悪く出れば、厄介者。
生年中殺・・・宿命で東側(親・きょうだいの場所)が中殺されてる。
        つまり、親とシーソー(スムーズに行きにくい)する。
         社会との関係もスムーズに行きにくい。 若い内に親元を離れた方が良い。
        例えば、中学か高校入学の時、寮生活を送るとか、少なくとも18歳迄に親元を離れる。
        小さい内は親の方に負の面出やすい。

   60年前の今

昭和34年(己亥)

2/08 黒部トンネル開通

3/19 「自衛のための核戦力は合意」と政府の統一見解発表

3/28 千代田区に無名戦士の遺骨を安置する「千鳥ヶ淵戦没者墓園」完成

3/30 東京地裁、砂川事件で「米軍の日本駐留は合憲」として無罪判決   (伊達判決)

4/10 皇太子成婚

4/15 最低賃金法公布(7/10施行)

4/16 国民年金法公布(11/1施行)

4/30 保谷市(現西東京市)に住宅団地「ひばりヶ丘団地」が完成 戸数は当時で関東最大の2714戸

5/01 防衛2法案、参議院で強行可決

5/26 IOC総会、第18回オリンピックの開催地を東京に決定

6/15 厚生省。小児麻痺を法定伝染病に指定

6/25 長嶋茂雄、展覧試合でサヨナラ本塁打

7/10 三重県警、監禁・思想教育の容疑で山岸会(世界急進Z革命団)を捜査

7/24 児島明子、ミス・ユニバースに

8/01 日産自動車「ダットサン・ブルーバード」を発売

8/10 最高裁、松川事件差し戻し判決

8/13 在日朝鮮人帰還協定、赤十字が調印(12/14第一船出発)

9/14 ソ連の『ルナ2号』初の月面着陸に成功

9/26 『伊勢湾台風』死者・不明5,098人

11/01 国民年金制度発足

11/02 水俣病問題で漁民1,500人、新日本窒素水俣工場に乱入。警官隊と衝突

11/27 安保阻止第8次統一行動の国会請願デモ隊約2万余人、国会構内に入る

12/11 三池争議始まる

12/15 第1回日本レコード大賞「黒い花びら」(水原弘)が受賞

12/16 最高裁、砂川事件で差し戻し判決

1/01 カメルーン、フランスから独立

1/05 閣議、貿易為替自由化促進閣僚会議の設置を決定

1/07 アメリカ海軍がポラリスミサイルの発射テストを実施

1/19 日米相互協力及び安全保障条約(新安保条約)調印

1/24 民主社会党結成大会

1/27 ソ連が対日覚書で新安保条約を避難し、外国軍隊が撤退しない限り、歯舞・色丹は引き渡さないと
   通告

2/13 フランスがサハラ砂漠で初の原爆実験。第4の核保有国となる

   (2/4からは「庚子」年になるが)

 

 
天龍ゆき先生へご連絡をご希望の方は小生、yas@webtop.co.jpでご連絡ください。

私が松本先生に習ってた時の使われていた資料の一部を紹介(二十八元法について)  

サーバー更新のお知らせ

                                                                                                               

               
 

 ご利用にあたって以下の文に同意してください。

  1. 本サイトは管理者の責任で掲載しています。
  2. 他の算命関係者の見解などを統一しているものでなく、松本和也先生の教えに則っていますが、一部修正、加筆させていただいています。
  3. 結果に対して解釈しておりません。解釈は自由ですが、その責任は当サイトにはありません。



 

Copyright (C) 2008 算命学 for WEBTOP CO.,LTD. All rights reserved.