nenga
サイト利用説明
算命学へ
算命すごろく
2012年3月13日掲載分
2012年10月23日掲載分
2013年1月01日掲載分
2013年7月07日掲載分
2014年1月01日掲載分
2015年1月01日掲載分
2016年1月01日掲載分
2016年8月09日掲載分
2017年2月02日掲載分
2017年2月02日掲載分
2018年1月10日掲載分
2018年3月31日掲載分)
2018年7月07日掲載分)
2019年1月26日掲載分)
2019年5月25日掲載分)
2019年10月26日掲載分)
2020年1月25日掲載分)
2020年7月11日掲載分)
2020年11月21日掲載分)
鬼谷算命学

 

鬼谷算命学サイトへようこそ

サイトご利用ありがとうございます。2008年8月20日縁あってオープンしました。当初は長く続くことがないと思っていましたが、皆様の利用がずーとあるので驚いています。 算命学との出会いは極地旅行会社の友人のセミナーで算命学の日に呼ばれて、そのまま、先生と数名のメンバーとで講習会に参加することになったのが切っ掛けです。 その年は私の天中殺のときでした。その年前後には今までにない新しい出会いがあって、今考えるとそのようのことが起こる年でもあったかもしれません。

先生の言葉によりますと、
私が故高尾義政先生(算命学第十三代宗家)から指導をうけて勉強をして参りました「算命占星術(さんめいせんせいじゅつ)」は数ある占いのなかでも、最も神秘的でありながら最も合理的な中国の「占星術」なのです。 「算命術」と云うのは「算命学」をもとにした「算命占星術」のことです。(・・・・途中略)
「算命術」では、本人だけではなく、三代前までの先祖・三代のちの子孫まで、計七代にわたる運勢が判る占術なのです。つまり、一族の流れを占う術と申せましょう。
以上(先生の言葉より)

さて、算命学そのもの説明は、別途サイト内に譲りますが、私は算命学が人生哲学のように思っています。

世の中には不条理(自分の努力と違う)なことがいっぱいあります。算命学を学んで、そのようなことに負けず、自分を克己し、しかも人を傷つけず、手を差し伸べていければいいかなと思っています。(私は出来ていませんが)
今後もよろしくお願いします。
ご不明な点などありましたら、yas@webtop.co.jpまでお願いします。
特別な謝辞 私の師である松本先生から頂いた資料をすべて使わせていただいています。

サイト責任者

特別掲載


  【 龍ちゃんの思いつくまま・ひとり言 (18) 】 
                                                                        

                                        『算命学・易学 天龍 ゆき』

『 辛 丑 (令和3年) 』

『辛 丑 (令和3年)』 先生の動画解説
追加:加藤官房長官、丸川五輪相
 

令和3年は「辛丑」・・・金←土と地支から生じられます。
天干(辛)を国(政府)と見ると、地支(丑)は国民。つまり、国民が国を支える。
今回の「新型コロナウィルス」にしても、国民の自粛協力無くしては成果が上がらない。
「辛」・・・痛みを伴う幕引き
黙考する。黙想する。辛は刺青をする針を表した象形文字。針を刺すことで身体的苦痛を表す。
言葉→つらい・からい・ひどい等の意味を持つ。
辛は、秋の終わり頃。植物なら、枯れた状態で実は腐り大地に落ち、種を大地に還す。
「丑」・・・殻を破ろうとする命の息吹、そして希望。
思い悩みながら、ゆっくり衰退。痛みを伴う幕引きを意味する。
種の中には、はち切れんばかりの生命エネルギー充満。
手の指に力を込めて曲げた形の象形文字。作業の準備段階を表してることから、「はじめ」といった意味が派生。
「辛丑」→古きことに悩みながらも終わりを告げ、新しい芽生えを見いだす年。
* 目標となるのは心の強さと日頃の行ない!!
今年、「丑年」と来年、「寅年」の間は、「鬼門線通過」に当たります。
いつもの年越えとは違います。やはり、一つの峠越え、だから「辛」の苦痛を乗り越えた先の希望・・・但し、「コロナ」の後は、今までの考えでは無く、世界規模的に、ウィルス、感染症に取り組まないと、自国で摘み取っても、後進国等で蔓延すれば、グローバル化な今日、すぐに世界中に拡大!!
先進国は、これらの国に特に衛生面等、協力することで、被害拡大ならないようにすべきと思います。
最近のニュースでは、一旦衰えた「エボラ出血」が、また勢い増してきた様子。
天干「辛」から地支(丑)をみると「天印星」・辛の干合相手「丙」から地支(丑)をみると「天印星」と、国と国民の力関係は五分五分。やはり、国も区民も協力すべき1年ですね。

易学、昨年12月の冬至に来年を占う「冬至占」
(占的・・・辛丑の日本の状況はどんな様子、特に「コロナ」の拡大は?)を出したところ、「天火同人」の「初九」でした。
 ・同人野(ヤ)においてす、亨る。大川を渉るに利ろし
 ・「初九」→天と火は同人なり。君子もって族を類し物を弁ず。
 ・同人門においてす。咎なし。
 ・門を出でて人に同じぅす。また、誰が咎めん。
要約すると、
上(国)も民(国民)も心を同じ(ひとつ)にして立ち向かう。
そうすることが良い結果をもたらす。

算命学、易学、同じ示唆が出てます。
今回の「コロナ」で、みんなで協力することの大事さ・・・
最悪の事態にならないように官民一体となり、立ち向かう・・・
文句ばかりでは、事の解決にはならない。
みなさん、よく理解出来たと思います。

「辛丑」・・・冬の田んぼ(冬田)、寒さを我慢して春の到来を待つ準備。
鬼門通過のところでも有り、山有り、川有り・・・場所により、水害・土砂災害、反対に日照りによる干ばつや水不足等、一様ではありません。
しかし、苦痛の先は希望も見えてます。
「辛」金性(攻撃本能)、このエネルギー、争い(国家間)ではなく、スポーツで消化(オリンピック)すれば、経済効果も望めます。
コロナワクチンも、早く感染拡大を押さえる為、アフリカや拡大しそうな国々に行き渡ることが、オリンピック開催の鍵になると思います。
先進諸国はパンデミック収束させる方向に向け、これら感染拡大の兆しの国々に協力して手を差し伸べるコト、必須と思います。
そうした暁には、希望の光が見えるか・・・と。
また、「辛丑」は、殻を破り新しい息吹!貴金属、レアメタル等が注目。新しい発見、技術開発、宇宙技術、太陽エネルギー等、新分野への期待があります。
西洋と東洋の力の拮抗、男女の力の拮抗。まさに五分五分の年。
国同士の力の拮抗も注視ですね。
我が国は、中国に注視せねばならないと思います。
コロナ自粛生活、少し下火傾向。油断することなく活動も視野に、スポーツの最大象徴、オリンピック開催(コロナ心配有りますが)明るい希望ももてるし、経済効果も大きい。例え、例年開催より規模縮小でも、冷え切った経済には好結果が期待される。
個人に関しては、自己努力、アイディアで乗切る人(但し無欲でやる)は伸びる可能性。欲張る人は失敗!(協調性が望まれる)

世界に目を向ければ、中東・アフリカ等は乾燥地帯、不安定要素、その為、動乱や紛争が起こる国もあるでしょう。
みなさん、辛抱の先には希望が有ります。
個々に努力・協調性。時には、政府に注文をつけ、官民協力で、辛丑、鬼門通過・・・新しい芽生え、頑張りどころかと思われます。
土用(丑・辰・未・戌)は、季節や流れ(物事・潮流)の調節のところです。


※ 1961年(昭和36年)の出来事
1月20日 米、第35代大統領ジョンFケネディ就任
2月 1日 嶋中事件(テロ)中央公論、嶋中社長宅へ17歳右翼少年
押し入り応対女性2人死傷
14日 赤木圭一郎、撮影所にてゴーカート事故、意識不明、1週間後に死亡
15日 サベナ航空548便墜落事故、乗客乗員72人、地上にいた人1人が死亡
27日 名古屋市の「御園座」全焼。迅速避難活動により、一人の犠牲者もでなかった
3月15日 日光東照宮・薬師堂、火災消失
28日 三重・名張市で「名張ぶどう酒事件」5人死亡、6日後、容疑者逮捕
4月 3日 NHK朝の連続テレビ小説放送開始   「娘と私」(獅子文六原作)「みんなの歌」も同日から放送開始
11日 アイヒマン裁判
人道に対する罪・ユダヤ人に対する罪・・・と15の犯罪で起訴。
国際的センセイション・273時間に渡る予備尋問。
(12/15判決・1962.6.1絞首刑)
12日 人類初の有人衛星。ソ連宇宙船ボストーク1号、ガガーリン飛行士、乗せ地球一周に成功
25日 大阪環状線全通
5月 5日 アメリカ、初の有人飛行マキュウリー・レッドストーン3号
(アラン・シェパード飛行士)
16日 大韓民国、軍事クーデター(朴正熙ら、軍事革命委員会)
6月3〜4日 ウィーン会談(米・ケネディ大統領とソ連・フルシチョフ首相)
6月12日 農業基本法公布
29日 長野県大鹿村・大西山で大規模山崩れ42名死亡。
この前後長野県を中心に集中豪雨・土砂災害多数発生
7月11日 ユナイッテド航空859便、着陸失敗 18名死亡・44名重軽傷
8月 8日 仙台高裁・松川事件の差し戻し審で全員無罪判決
(1949.8.17松川駅〜金谷川駅間で脱線事故3名死亡)
13日 ベルリンの壁建設(東ドイツが東西ベルリンの境界封鎖)
9月 3日 三船敏郎、ヴェネツィア国際映画祭で最優秀男優賞 (黒澤明監督の「赤ひげ」)
16日 第2室戸台風(18号)室戸岬上陸、9/18大阪湾に大きな被害194名死亡・8名行方不明・4972名負傷者
10月20日 森光子主演「放浪記」初演
30日 史上最大規模の水爆ツアーリ・ボンバの爆発実験(ソ連)
12月 7日 チ—37号事件発生(偽札事件)1973年11月時効、未解決事件(チとは、千円札→警察のコード)
10日 伊豆急行線開業
12日 三無(さんゆう)事件 、日本で発覚クーデター未遂事件
1962年
1月 1日 アメリカ・ベトコン対策の一環として特殊部隊を結成
10日 ペルー・ワスカラン山で大規模雪崩発生4000人以上死亡
11日 中国共産党「七千人大会」毛沢東党主席、政策失敗認め自己批判する
24日 東ドイツ政府・徴兵制度復活
2月3 日 アメリカ・ケネディ大統領、キュウバへの全面禁輸を指令 

天龍ゆき先生へご連絡をご希望の方は小生、yas@webtop.co.jpでご連絡ください。
私が松本先生に習ってた時の使われていた資料の一部を紹介(二十八元法について)  

                                                                                                               

               
 

 ご利用にあたって以下の文に同意してください。

  1. 本サイトは管理者の責任で掲載しています。
  2. 他の算命関係者の見解などを統一しているものでなく、松本和也先生の教えに則っていますが、一部修正、加筆させていただいています。
  3. 結果に対して解釈しておりません。解釈は自由ですが、その責任は当サイトにはありません。



 

Copyright (C) 2008 算命学 for WEBTOP CO.,LTD. All rights reserved.