nenga
サイト利用説明
算命学へ
算命すごろく
2012年3月13日掲載分
2012年10月23日掲載分
2013年1月01日掲載分
2013年7月07日掲載分
2014年1月01日掲載分
2015年1月01日掲載分
2016年1月01日掲載分
2016年8月09日掲載分
2017年2月02日掲載分
2017年2月02日掲載分
2018年1月10日掲載分
2018年3月31日掲載分)
2018年7月07日掲載分)
2019年1月26日掲載分)
2019年5月25日掲載分)
2019年10月26日掲載分)
2020年1月25日掲載分)
2020年7月11日掲載分)
2020年11月21日掲載分)
2021年2月20日掲載分)
2021年7月10日掲載分)
鬼谷算命学

 

鬼谷算命学サイトへようこそ

サイトご利用ありがとうございます。2008年8月20日縁あってオープンしました。当初は長く続くことがないと思っていましたが、皆様の利用がずーとあるので驚いています。 算命学との出会いは極地旅行会社の友人のセミナーで算命学の日に呼ばれて、そのまま、先生と数名のメンバーとで講習会に参加することになったのが切っ掛けです。 その年は私の天中殺のときでした。その年前後には今までにない新しい出会いがあって、今考えるとそのようのことが起こる年でもあったかもしれません。

先生の言葉によりますと、
私が故高尾義政先生(算命学第十三代宗家)から指導をうけて勉強をして参りました「算命占星術(さんめいせんせいじゅつ)」は数ある占いのなかでも、最も神秘的でありながら最も合理的な中国の「占星術」なのです。 「算命術」と云うのは「算命学」をもとにした「算命占星術」のことです。(・・・・途中略)
「算命術」では、本人だけではなく、三代前までの先祖・三代のちの子孫まで、計七代にわたる運勢が判る占術なのです。つまり、一族の流れを占う術と申せましょう。
以上(先生の言葉より)

さて、算命学そのもの説明は、別途サイト内に譲りますが、私は算命学が人生哲学のように思っています。

世の中には不条理(自分の努力と違う)なことがいっぱいあります。算命学を学んで、そのようなことに負けず、自分を克己し、しかも人を傷つけず、手を差し伸べていければいいかなと思っています。(私は出来ていませんが)
今後もよろしくお願いします。
ご不明な点などありましたら、yas@webtop.co.jpまでお願いします。
特別な謝辞 私の師である松本先生から頂いた資料をすべて使わせていただいています。

サイト責任者

特別掲載


  【 龍ちゃんの思いつくまま・ひとり言 (20) 】 
                                                                        

                                        『算命学・易学 天龍 ゆき』

『壬 寅(令和4年)

『干支に関するる思い・天中殺のとらえ方』 先生の動画解説

令和4年は「壬寅」・・・水→木と天干から地支が生じられます。 天干(壬)を国(政府)と見ると、地支(寅)は国民。つまり、国が 国民を支える。
2年間続いてる「コロナ」対策でも、医療・休業に対する保証等 (金額的には不足で有るが)つまり、国が国民を助ける。 今年も継続される事でしょう。
「壬寅」は「天胡星」=4点(国)、裏干(丁)から「寅」を見ると 「天極星」=2点(国民)。 国の方が点数が高い(高いといっても、どちらも身弱の点数)国民より 国の方が強い。 場合により、国民の気持ちに沿わぬことも進める(従わせようとする)
また、「壬寅」は 岸田総理大臣の日干支でもある。日干支と律音の年、何事も強気で臨む気持ちが有ると思われます。

『 天主座法 』
岸田総理大臣(101代)(陽型―Cブロック人型―陽回転―西)
(Cブロックは、西101代・北102代・東103代・南104代・中央105代の順)
Cブロック・・・国民と国家の意見が離れる。
経済の衰退 武力と経済の悪循環が生まれる
国家の混迷期
・ 西方 新しい時代の始まり(革新・創業・新基軸・新しい出発)
・ 北方 安定化へ向かう、知性的世界〔次の代への中継ぎ〕
・ 東方 平和、世の中が安定する(出来上がったものを守る)
・ 南方 繁栄から衰退への移行期(次の代への中継ぎ)
・ 中央 一時代の終わり(時代を集結させる)
(西~中央周りで一周目、リッセットし、また西から二周目~)
(動乱期~教育期~高度成長期~庶民期~権力期)
一周目が陽世界、二周目が陰世界ととらえ、陰陽の性質を交互に加味していきます。
 (※資料・・・中国算命学・近未来大予測より)
(天主座法によれば、一国を動かす最高権力者には、個人の資質・能力・あるいは意思・願望とは別に自ずと「天から与えられた役割」というものがあります。その役割を知り、道を踏み外さなければ、天がその人物に味方し、時代と社会が一体化した矛盾のない治世が行われるのです。

因みに、アメリカ副大統領 カマラ・ハリス氏も日干支「壬寅」です。昨年はあまりテレビ露出度少なく目立ちませんでしたが今年は、活躍あるでしょうか?バイデン大統領との相性は良いです。
「壬寅」は 春の始め頃の海(春=寅・海=壬)とも言える。寒い冬が過ぎ、春の海に輝かしい太陽が現れるイメージ。明るい兆しが 感じられる。
丁度、鬼門線を越え一応「丑年」で淘汰される(あらゆるものが対象)整理されて、新しい芽生えが生まれることでしょう。“コロナ”も一時のようなことではなく、ワクチンや治療方法も出来、共生の形をとり、インフルエンザの様な形態を辿ると思います。
「壬」は、陽の習得本能=龍高星(改革)
経済も今迄の考え方に改革がなされ、発展の方向へ進むでしょう。国民も、龍高星的生き方が望ましい。色々知識を身につけ、それに基づき一歩前に進む。また、従来のやり方に一ひねり加味し精進。
天中殺で無い人は、思い切って今迄の経験を踏まえた転職・・・も有り。格差は無くなりません(富める国・貧困の国、金持ちの人・そうでない人等)算命学でも、世の中、公平では無い・・・と言ってます。
(必ず、陰陽の関係→二極化)
だから、国と国の対立・民族間の対立等、世界のどこかで争いが起きる。
習得本能=龍高星が今年の命題、今迄より智惠を絞り、人間関係をより良く
して行きたいものです。
それには、生きた勉強(智慧)をすることだと思います。コロナが収束に向かえば、貿易摩擦や経済摩擦が国と国の間で起こって来ます。今のところ、アメリカと中国の対立が様々の面で注目ですね。経済大国の№1と№2の対立、良くなるか更に悪くなるか?世界経済に関係することです。
2年間の“コロナ”で戦争の死者以上に世界で人が亡くなり、皆、これまで以上に健康に気を遣うので、サプリメントや新薬等が注目浴びる事でしょう。また、それらの産業も好調な兆し。
気候は、天に大きな水(壬)が有り、地には雷・風(寅=木性)。台風による洪水・河川の氾濫(大きな水)・ゲリラ豪雨等、所により大きな災害に繋がりかねないので、気象情報に注意し、備えをしましょう。『壬寅』春の雪解け水。直感力が鋭く冷静だが、内面には動乱の質を持ち、祖国以外が安住の地になりやすい。
 火山の噴火・山火事・大火災(寅は木性=東=巽→風)も、起こりやすい。
北虎」(壬寅)→芸術の要素有り、絵を描けば大胆な構図。天胡星・・感受性の強い人・直感力所有の人・フィーリング人間、芸術家・精神分野の才人・思索哲学的生き方、発明家・発見家。
 運命周期(春)→前の冬の時代に固執すると運気が下がる
自分の周囲の変化が激しくなる。アイディアを着手する時
     寅・・・開拓期
     卯・・・成長期
     辰・・・決定期
  易で「壬寅の年は、どのようになるか・・・」を立筮した結果、
得卦→「坎為水」(四難卦の一つ)の「上六」が出ました。
冷たい水の二段重ねです。やはり、大きな水・・・。
(物事、難儀あれど用心しながら前に進んでも良いが、一難去って又一難と、苦労多い。自分の分をわきまえずに急速に進めば転げ落ちる)
“雷”(春雷)は、驚くことも多い。磁場の関係か雷の真下での地震も有り得る。
(“坎為水”の上六→一番上まで行かない様に慎重に一年間を乗切る、 一番上まで進むのは凶! 転げ落ちるのみ) 
また、2月も『壬寅』の月。
今年は“律音”からの出発になります。
『大寒』の頃から真冬の厳しさ知らされるかも知れません。
大雪で買い物に困らない様に(物流途切れるとアウト)、 缶詰・乾麺・レトルト食品等、準備する。備えあれば憂いなし!!
  (大災害に備える・・・と同じ考え)

1902年(120年前)
1/25  旭川で - 41.0度を記録(日本最低気温記録)
  八甲田山、雪中行軍遭難事件
2/15  ベルリン地下鉄開業
4/2    初の映画館がロサンゼルスで開業
4/19  グァテマラで大地震(M7.5 死者2000名)
5/8   西インド諸島(マルティニーク島)プレー火山噴火
   火砕流でサンピエール市が壊滅(死者3000人)
5/20  キューバ、アメリカ合衆国から独立
7/6   中央本線、笹子トンネル貫通
8/7   伊豆鳥島が大噴火   (噴火発生日は7日~9日までのいずれか)
  島民125人全員死亡(有史以降の火山活動)
9/1   江之島電氣鐵道(後の江ノ島電鉄)開業
   (藤沢~片瀬間)
   世界初SF映画公開
   (フランス映画『月世界旅行』)
9/28  足尾台風来襲、相模湾で高潮発生
10/19 早稲田大学開校式(初の私立大学)
12/10 アスワンダム完成
12/31 第一南極探検
   ロバート・スコットら、南緯82度17分に到達
   日付不詳・・・北海道・東北地方が冷夏に見舞われ大凶作

1962年(60年前)
1/10  ペルー・ワスカラン山大規模雪崩発生
2/1   東京都の常住人口1000万人を突破
   (世界初の1000万都市に)
2/7   西ドイツ、ルイゼンタール炭鉱でメタンガスによる
   爆発事故発生(299人死亡)
2/20  アメリカ合衆国、マキュリー計画の一環で打ち上げた
   宇宙船『フレンドシップ7』、同国初の宇宙船による地球周回を記録
3/1   大正製薬、ドリンク剤『リポビタンD』を発売
3/19  ボブ・ディラン→レコードデビュ―
4/16  東京・水道橋に後楽園ホールがオープン
5/3   常磐線、三河島駅構内で列車事故
   (三河島事件 160人死亡)
5/17  大日本製薬がサリドマイド製品の販売中止
6/1   アドルフ・アイヒマンが絞首刑
  (元ナチス親衛隊中佐)
6/3   パリ・オルリー空港でエールフランス
   ボーイング707が離陸失敗130名死亡
   (当時、世界最悪の事故)
6/10  北陸本線・北陸トンネル開通(13870m)
6/22  西インド諸島でエールフランス
   ボーイング707が着陸失敗113名全員死亡
7/10  当時、世界最大のタンカー『二章丸』
   佐世保造船所で進水
7/11  戦後初の国産旅客機YS―11が完成
   『公明会』(公明党の前身)が結成
8/5   マリリン・モンロー(米女優)が怪死
8/12  堀江謙一が世界初・小型ヨット
   『マーメイド号』で単独無寄港・太平洋横断航海に成功
8/24  三宅島で火山噴火・8/26に噴火による地震発生
   (M5.9クラス)
9/26  若戸大橋(当時、東洋一の吊り橋)完成
10/5    ビートルズ、レコードデビュー
10/10 中印国境紛争勃発
10/22 ケネディ大統領、キュウーバ海上封鎖を表明
   (キュウバ危機→11/20封鎖撤回・危機終了す)
11/17 アメリカ合衆国・ワシントンD.Cに
   ダレス国際空港開港
11/18 川崎市・京浜運河で出光興産の小型タンカー
   『第一宗像丸』とノルウェー大型タンカーが衝突、
   宗像丸は炎上、乗船船員・他40名全員死亡
11/29 草加次郎事件→世田谷区の電話ボックスで火薬が爆発
12/3  『キュウピー3分クッキング』放送開始
   (現在でも放送中)
12/20 首都高速道路、最初の供用区間となる京橋~芝浦間が
   開通(現在の都心環状線・1号羽田線の一部)
   ※ 日付不明、日本でリニアモーターカーの研究始まる
S.38 .1月 北陸地方を中心に日本全国豪雪
(昭和38年1月豪雪)
   愛知大学山岳部・薬師岳遭難 13名が死亡
1/1   テレビアニメ第一号『鉄腕アトム』放映開始


人物紹介
>
神田沙也加
koike
画像をクリックしてください。絵が変わり、マウス
が +マークになったらクリックしてください。拡大写真が出ます。
松田聖子
koike
神田正輝
koike






































































天龍ゆき先生へご連絡をご希望の方は小生、yas@webtop.co.jpでご連絡ください。
私が松本先生に習ってた時の使われていた資料の一部を紹介(二十八元法について)  

                                                                                                               

               
 

 ご利用にあたって以下の文に同意してください。

  1. 本サイトは管理者の責任で掲載しています。
  2. 他の算命関係者の見解などを統一しているものでなく、松本和也先生の教えに則っていますが、一部修正、加筆させていただいています。
  3. 結果に対して解釈しておりません。解釈は自由ですが、その責任は当サイトにはありません。



 

Copyright (C) 2008 算命学 for WEBTOP CO.,LTD. All rights reserved.