nenga
サイト利用説明
算命学へ
算命すごろく
2012年3月13日掲載分
2012年10月23日掲載分
2013年1月01日掲載分
2013年7月07日掲載分
2014年1月01日掲載分
2015年1月01日掲載分
2016年1月01日掲載分
2016年8月09日掲載分
2017年2月02日掲載分
2017年2月02日掲載分
2018年1月10日掲載分
2018年3月31日掲載分)
2018年7月07日掲載分<
2019年1月26日掲載分<
鬼谷算命学

 
鬼谷算命学サイトへようこそ
サイトご利用ありがとうございます。2008年8月20日縁あってオープンしました。当初は長く続くことがないと思っていましたが、皆様の利用がずーとあるので驚いています。 算命学との出会いは極地旅行会社の友人のセミナーで算命学の日に呼ばれて、そのまま、先生と数名のメンバーとで講習会に参加することになったのが切っ掛けです。 その年は私の天中殺のときでした。その年前後には今までにない新しい出会いがあって、今考えるとそのようのことが起こる年でもあったかもしれません。
先生の言葉によりますと、
私が故高尾義政先生(算命学第十三代宗家)から指導をうけて勉強をして参りました「算命占星術(さんめいせんせいじゅつ)」は数ある占いのなかでも、最も神秘的でありながら最も合理的な中国の「占星術」なのです。 「算命術」と云うのは「算命学」をもとにした「算命占星術」のことです。(・・・・途中略) 「算命術」では、本人だけではなく、三代前までの先祖・三代のちの子孫まで、計七代にわたる運勢 が判る占術なのです。つまり、一族の流れを占う術と申せましょう。
以上(先生の言葉より)
さて、算命学そのもの説明は、別途サイト内に譲りますが、私は算命学が人生哲学のように思っています。 世の中には不条理(自分の努力と違う)なことがいっぱいあります。算命学を学んで、そのようなことに負けず、自分を克己し、しかも人を傷つけず、手を差し伸べていければいいかなと思っています。(私は出来ていませんが) 今後もよろしくお願いします。 ご不明な点などありましたら、yas@webtop.co.jp までお願いします。
特別な謝辞 私の師である松本先生から頂いた資料をすべて使わせていただいています。

                                                                            サイト責任者

特別掲載



 【 龍ちゃんの思いつくまま・ひとり言 (13) 】 
                                                                        

『算命学・易学 天龍 ゆき』

『令和になって色々思うこと』(2019年)

天龍先生の動画解説「今年の占い」


2019.5.1 元号が変わり『令和元年』になりました。
多くの方は、概ね新しい元号を喜んで受け入れました。「令嬢」「美しい」等、 良い面だけが全面に出ています。
物事には必ず陰陽(裏表)の二面性が有ります。

私は、『令和』を聞いた瞬間、『律令制度』が頭に浮かびました。 二面性の陰の部分だったのかも? 新聞記事に於いても、少数派かも知れませんが、

「令」は、上から(政治)下へ指図する命令の令と命令を聞く民がきちんと並ぶ様から 「姿・形がよい」の二つがある・・・と漢字の成り立ちに詳しい某大名誉教授の記事が ありました。

このように、何事にも二面性が有ることを心掛けした方が宜しいと思います。

因みに、『令和時代』はどんな時代になって行くのか? を「占的」に、「易神」に問うてみました。
出た「卦」は(本卦)「天雷无妄」(てんらいむもう)の「初九」(之卦)「天地否」(てんちひ)

天雷无妄」・・・无妄は元い(おおい)に亨り 貞に利ろし(よろし)
それ正にあらざるときはワザワいあり。往くところあるによろしからず。

(正しい行動をもって進むことには天命は佑けるが、正しくない 行ないは佑けはしない。反ってワザワいになる)

初九」・・・无妄の往くは、志を得るなり
  ※「天地否」・・・「否」は、これ人にあらず。君子の貞に利ろしからず。 大往き、小来る。

『天地交わらざるは否なり。君子もって徳を倹(つつまやか)にし難を
辟く(さく)。栄するに禄をもってすべからず』

奇しくも、昨年「冬至占」にて
(本卦)『水山蹇』が出たが、正に似たような意味合い!「真」はひとつなのですね。

先日、大阪の友人から電話あり『ソマチッド』の話・・・私は初めて聞く言葉!? 『ソマチッド』は宇宙空間に充満していて、地球に隕石がいくつも落下した際に地中に。

堆積した地層にも有り(このお陰で生物誕生)『ソマチッド』は細胞よりも
はるかに小さい。生物の中にも有る(人間は血液の中)→詳細はネットに出ていますので・・・

最初に発見した(故人)ガストン・ネサン(植物の樹液の中から細胞よりはるかに小さな生殖する有機体を発見。『ソマチッド』と名付ける。あらゆるモノに存在する)

この『ソマチッド』が体内から隠れる(体内のどこかへ隠れる様です)と病気になる様です。
人間の健康な人の血液→ソマチッド・胞子・二重胞子の3形態。環境が劣化すると、 例えばストレスとかマイナス思考等・・・突然かたちを変える→癌とか病気・・・
人体内の『ソマチッド』は赤血球を介してゼラチン状の物質が飛び出し、固まって 『ソマチッド』に変っていき次々と生まれる。

ネサンは『ソマチッド』は、「エネルギーの具現」という。

この『ソマチッド』を増やすには、森林浴・海水浴・温泉浴等「浴」と名のつくものが いいらしい(昔の人は理屈は知らずとも、これらのことをやって来ています)
また、やはり「ポジテイブ」になることが大事。笑うことも。

これからは、『ソマチッド』を理解すれば病気も減る・・・と思われる。

『運 命』
持って生まれた「宿命」とそれを囲む「環境」との【接点】に生まれる。
エネルギーの燃焼の度合いである。

「運命」は動きの中にある。
運が良くないと思えば、今までの流れを「変化」させれば良い。
運が良ければ、持続発展させるために部分修正を心掛ける。

【例題】

今年になって、前澤社長のことが気になっていたら、
会社の動きが下がって来たので調べてみました。
ついでに、付き合っている様子の女優さんも。

設立・・・有限会社として 1998.5.21(平成10年・戊寅 22歳)
この方の【大運】・・・条件として「初旬天中殺」になるので、 3旬目から20年間の「天中殺」そこで成功。

また、設立の時、
大運「乙酉」と年干支「乙卯」が「納音」
年運「戊寅」と日干支「壬申」が「天剋地中」
そんな「散法」中での船出。「大運天中殺」での成功・・・(虚実)

設立20年後の【年運天中殺】(2018戊戌・2019己亥)→異常干支
「車騎」「牽牛」天中殺です。つまり、「仕事・名誉中殺」
40歳~41歳くらいから下降線の芽が出て来てると思われます。

来年「庚子」(45歳)から「大運」変ります。(節運)
「宿命陽占」の【星】の流れを見ると

(始星)「龍高」→「貫索」→「調舒」→「司禄」(止まる星)
(水)  (木)  (火)  (土)(生月中殺)

「止まる星」が人生の【目的の星】ですが、「中殺」を
受けているので、中々難しい!つまり、【財】が「蓄財」と
なりにくい。「設立」時の条件も加味すると、尚更。

剛力さんとの関係をみると、
付き合い始めの時期は判りませんが、

「陰占」の「共通干支」前澤さんの日干支「壬申」が彼女の年干支と
同じ(こういう場合、日干支「壬申」が彼女側に取り込まれ、何事も
嫌と言いにくい→使われる)

また、彼女の日干支「乙亥」と彼の年干支「乙卯」が「大半会」
彼女の年干「壬」と彼の月干「丁」が「干合」
(共通項が多いが「陽占」→精神世界では、共通の星「司禄」のみ)

彼女は「二中殺」(生年・生月中殺)しかも日干支「乙亥」と
「日座中殺」なので「全中殺」

前澤友作社長(43歳)
(1975.11.22)
戌亥天中殺
剛力彩芽(26歳)
(1992.8.27)
全中殺(生年・生月・生日中殺)
日干支「乙亥」と 「日座中殺」
壬丁乙
申亥卯
乙戊壬
亥申申

5歳   丙戌
15歳 乙酉
25歳 甲申
35歳 癸未
45歳 壬午




7歳  丁未
17歳 丙午
27歳 乙巳
37歳 甲辰


 

 
天龍ゆき先生へご連絡をご希望の方は小生、yas@webtop.co.jpでご連絡ください。

私が松本先生に習ってた時の使われていた資料の一部を紹介(二十八元法について)  

サーバー更新のお知らせ

                                                                                                               

               
 

 ご利用にあたって以下の文に同意してください。

  1. 本サイトは管理者の責任で掲載しています。
  2. 他の算命関係者の見解などを統一しているものでなく、松本和也先生の教えに則っていますが、一部修正、加筆させていただいています。
  3. 結果に対して解釈しておりません。解釈は自由ですが、その責任は当サイトにはありません。



 

Copyright (C) 2008 算命学 for WEBTOP CO.,LTD. All rights reserved.